指揮者紹介

セレーネウインドオーケストラです♪

今回は、創団当初より常任指揮者としてご指導いただいてます、松本たか子先生を紹介します。


【常任指揮者 松本たか子】

神奈川県出身、東京音楽大学器楽科ユーフォニアム専攻卒業。

学内オーディションによる演奏会、および卒業演奏会に出演。
ユーフォニアムを山本孝、指揮法を時任康文、佐藤寿一の諸氏に師事。

現在はユーフォニアム、吹奏楽、マーチングバンドなどの指導者として活躍する一方、吹奏楽コンクール、マーチングフェスティバル等の審査員も務める。

執筆活動もさかんで、月刊バンドジャーナル誌への寄稿をはじめ、「吹奏楽おもしろ雑学事典」(共著・ヤマハミュージックメディア刊)ではマーチングに関する項を執筆した。
また音楽療法の分野にも携わっており、幅広い活動を行っている。

日本マーチングバンド・バトントワーリング協会準公認指導員。


~以上、公式プロフィールより~



松本先生は、見た目、とてもお美しい女性なのですが、
指揮をする姿は、とてもかっこよくて、頼もしく、
その反面、レッスンは女性ならではの、とても丁寧な音楽作りをされています。


基礎合奏の徹底はもちろん、曲合奏の中でも、一旦スイッチが入ると、何度も練習を繰り返されます。
とても厳しい反面、最後できるようになったときには、『ほら、できた!』『きれいな音!!』と拍手しながら褒めてくださいます。
それが嬉しくて、また頑張れちゃうんです(*^^*)



卒業以来、何年もずっと吹いていなかった楽器、
就職して、仕事が落ち着いてきて、音楽活動を再開する人、
一般バンドでは、数年のブランクがつきものですよね。
セレーネにも、そんな風に楽器練習を再開したメンバーも、たくさんいます。


楽器は続けているけれど、練習に物足りなさを感じていらっしゃる方、
学生時代のように、きちんと練習して、上手くなりたいと思っている方もいらっしゃると思います。



松本先生は、合奏の中でも人それぞれに合ったレッスンをしてくださいますし、
基礎から見てもらえるので、週一回の練習で再開しても、
続けていくうちに、自然とできることが増えていって、楽器を吹くのが、もっと楽しくなってきます。
メンバーみんな、確かに成長の過程が見えるんです。


見学に来てくださった方が、『久しぶりにガッツリ吹けて楽しかった!』と言ってくださることも、とても多いです。


ブランクがあるからと、ためらっていらっしゃる方、
不安に思っていらっしゃる方、
練習に物足りなさを感じていらっしゃる方、
セレーネなら、そんな心配は無用です!


まずは一度、見学にいらっしゃいませんか?
見学は随時受け付けています!
お気軽にお問い合わせください。

a0161627_11144084.jpg


by selene-w-o | 2016-01-17 00:00 | 近況報告

<< 練習報告(2016/1/17) 楽団紹介 >>