楽団名の由来


私たちの楽団名である『セレーネ』の由来についてお話しします。


***********

Selene とは、ギリシャ神話の月の女神の名前です。


私たちは、仕事や学業の本業を持つ傍ら、休日に音楽活動を行っており、
本業を昼間の太陽、趣味を夜の月にたとえました。


夜に光る月ですが、地球に潮の満ち引きを起こし、
月齢は、私たち人間の生理的・精神的な事象に大きな影響を及ぼしているといわれています。


本業の傍らの趣味ですが、
携わるメンバーにとって、楽団の活動が、心の大きなよりどころとなり、
また、この楽団を通してたくさんの人と出会うことで、より大きな力になってほしい、
月のような力の源になりたいという想いを込めました。



『多くの人に感動を与えられる音楽を創るために、妥協のない楽団』を目指して、楽団の立ち上げを決めたとき、
松本たか子先生の緻密な音楽作りに感銘を受け、楽団設立に際し、常任指揮者を依頼しました。


松本先生の創り上げる女性指揮者ならではの繊細なサウンドを目指し、
また、月の持つ大きな力の源となれるような団体を目指し、
月の女神の名前から『セレーネウインドオーケストラ』と名づけました。


***********


演奏会アンケートにも、『仲が良さそうな雰囲気が伝わってくる演奏でした』というコメントも多くいただきます。


とても嬉しいコメントです!
本当に仲がいいんです(*^^*)


常任指揮者の松本先生の持つ女性ならではの雰囲気なのか、ほのぼのした団長の雰囲気なのか、
その相乗効果なのかもしれませんね。


みんなで合奏演奏が上手くなっていくような、そんな楽団を目指して、日々活動しています。


月の女神のような、松本先生の合奏レッスン、ぜひ一度受けてみませんか?
真面目で、少し厳しい面もありますが、とっても楽しいですよ。
見学は随時受付しています。

a0161627_18211681.jpg


by selene-w-o | 2016-01-27 00:00 | 近況報告

<< 練習予定(2016年2月) 練習報告(2016/1/17) >>