練習報告(2018/02/25)

本日は松本先生の楽しいレッスンでした。

まずは、みっちり一時間半の基礎合奏。
先生からいつも教えていただくのは、良い音作りの具体的な手法です。

大事なことは、吹きたい音を具体的にイメージし、その音を出すこと。
毎週の団内練習でも気を付けているつもりですが、先生の合奏で改めて教えていただき、
あっという間に音が変わるのを実感できました。

しかし、難しいのはタンギング。
何故、タンギングが上手く出来ないのか?論文にまとめるように宿題をいただきました。

なかなか難しいテーマではありますが、吹奏楽でタンギングは良い音楽を作っていく上ではとても重要なポイントですので、
この課題については実践練習を重ねながらしっかりと学び、身につけて参りたいと思います。
論文については宿題とのことですので、追って先生にお届けするつもりです。
松本先生、楽しみにしていてください!


基礎練習の後は、次の慰問演奏会に向けての合奏曲を二曲練習しました。
フレーズの取り方を「串揚げ物語」にて教えていただき、音楽の起承転結を楽しく学びました。
主旋律と伴奏のイメージが統一されて、音がまとまってきたようです。
松本先生のレッスンで学んだことを生かし、次の演奏会でも良い演奏をしたいと思います。

なお、先生は開口一番、高尾山に行こう!と提案してくださいましたので、勝手ながらお忙しい先生のスケジュールを押さえさせていただきました。
是非とも実現させていただきたいと思います!


by selene-w-o | 2018-02-27 00:00 | 近況報告

<< 練習予定(2018年3月) 活動報告(2018/2/18) >>