練習報告(2018/03/25)

桜満開の天気のよい日。
皆さんならどんな一日を過ごしますか?

もちろん花見だよと答えると思いますが、ウキウキした気持ちを抑えて基礎合奏から練習をはじめました。

セレーネで基礎合奏を積むと、
「自分の耳を信じて、チューナーを頼らなくても、音を合わせることができるようになります」
と常任指揮者である松本先生から以前言われたことを思い出しました。

自分の音以上に、周りの音を意識して、三和音でハーモニーの練習をしました。

吹奏楽では、鍵盤楽器と違い、音程を合わせる場面が多いんです。

今回の合奏で音感を鍛えなきゃとあらためて思いました。


基礎合奏に続き、慰問演奏に向けた合奏の練習。

練習中、テンポのことで議論になりました。
100のところを72で合奏をし、みんなバテバテで、よいロングトーンの練習になると感じました。
あとあと気づいたら、遅いと感じました。


曲のイメージとテンポ感は、
アレンジャーが指定する数字は案外適切だったりすることが多いと感じました。

馬が走る場面などは、テンポ120じゃ走れないなと思いました。


練習後、やっぱりお花見をしよう!と、メンバーを誘って移動し、
近くの公園でアップルパイを食べながら桜を眺めました。

少し寒かったですが、公園でうんていや鉄棒で遊んだり、もりだくさんな一日でした。

本番に向けて頑張っていきたいと思います。


by selene-w-o | 2018-03-25 00:00 | 近況報告

<< 練習予定(2018年4月) 練習報告(2018/03/18) >>